Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

My Shoes log

幻の靴、ボノーラのチャッカブーツ

yoshi takeuchi

今はなくなってしまった幻の靴、ボノーラのチャッカブーツ。2003年9月号のLEONで紹介されていた靴です。当時のLEON編集長は、やんちゃジジイの代表、岸田一郎さん。ホッシーこと干場義雅さんもエディターとして参加されていた頃です。トゥが卵形でエレガンテであります。当時の雑誌にはこれが「最大のキモ」と書かれていました。2穴タイプなのでロングノーズが際立っているのと、スウェード素材がきめ細かくて、とても良い靴です。なおかつ、シームレスヒールという高級靴仕様。シームレスヒールは、ジョンロブでも最高級ラインのみです。

なおかつ、シームレスヒールという高級靴仕様。シームレスヒールは、ジョンロブでも最高級ラインのみです。であるのに、この靴は2003年当時で73,000円という良心価格でした。円安の今では考えられません。

そして、靴の作りもハンドソーンウェルテッド。一足を一人の職人が仕上げるという贅沢な作り方だからこそできたもの。ハンドソーンウェルテッド製法とは、知る人ぞ知る日本の靴メーカー、ギルドさんによると「ハンドソーンウェルテッド製法は、グッドイヤーウェルテッド製法などの原型となる製法です。手縫いでなくては不可能な、曲がった針を使用した「すくい縫い」により、アッパー、インソール(中底)及びウェルトを、松脂を擦り込んだ麻糸で縫いつけています。」というもので、要は丹精込めて靴職人が作った靴と言うことです。今となっては、このようなこだわり満載でリーズナブルな靴に出会うのはかなり難しいと感じています。

今では、ボノーラを買うこともできませんが、雰囲気が近いのは、上のクロケット&ジョーンズのチャッカブーツをウェブのセレクトショップGLOBERで見つけました。価格も税込み73,000弱で当時のボノーラと同じ価格帯で、なかなか良さそうです。