Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

My Shoes log

フィレンツェの靴職人、ステファノべーメル。

yoshi takeuchi

若くして亡くなられてしまいましたが、フィレンツェの靴職人、ステファノべーメルさんの靴。なんと木箱に入っているのです。

日本人で初めて靴の本場、イタリアで注文靴のお店を開いた深谷秀隆さんの il micio も木箱入りですが、要は、注文靴ならではのものなのでしょう。下の写真は、元祖「やんちゃジジイ」岸田一郎さんが深谷さんにオーダーされたという一品。 il micio は、軽自動車が変えるぐらいの高級靴。こだわりの靴だけあって、木箱にケア用品までセットされているというこだわりよう。

わたしが購ったステファノべーメルさんの靴は、注文靴ではなくて、九分仕立ての既製靴です。九分仕立てとは、靴作りの工程の9割を手作業で行い、靴底(アウトソール)を本体に縫い付ける「出し縫い」という作業だけを専用の機械で行うこと。私の場合、既製靴でも十分フィットするので、これで全く問題なしです。ボノーラもこの九分仕立てでした。

べーメルさんの靴の特徴と思うのが、甲の部分がとても低くてエレガントですが、慣れるまでちょっと痛いです。革質も素晴らしく素敵な靴ですが、何と言ってもジョンロブクラスの価格なので簡単には手にできません。でも、高級靴だからと言って、会社ではスリッパに履き替えている人を見たことがありますが、それはどうなのかなと・・・

わたしは、靴が命という訳でもなく、汚れたら磨いてやれば良いと思っています。靴については、フランコ・ミヌッチさんが雑誌GQのインタビュー記事で次のようにコメントされていました。

Q 観賞用に高級靴を買うのをどう思いますか?

ミヌッチ「それはおもちゃで遊ばない子供みたいなものですね。わたしだったらその靴にどんなスーツやシャツ、タイを合わせようかと考え、そのオモチャ(靴)で遊び方を創造するのが喜びになります。履かないで見ているだけなんて、イタリア人にはあり得ないと思います。」

Q 7万円のスーツに30万円の靴を合わせるのをどう思いますか?

ミヌッチ「それはフィアットパンダにフェラーリのエンジンを無理矢理搭載した感じですね(笑)。スタイルのある大人の男であるためには、スーツ、シャツ、タイ、靴のバランスとハーモニーが重要です。フィアットパンダにはパンダの良さがあるし、フェラーリのエンジンはフェラーリに搭載されて初めてその実力を発揮できます。足下だけ見て素敵と思うのは"フェティシスタ"だけです。」